ROAD TO THE DERBY 2018BACK NUMBER

世代最強の「運」を味方に。
キタノコマンドールは府中で輝く。 

text by

平松さとし

平松さとしSatoshi Hiramatsu

PROFILE

photograph byShiro Miyake

posted2018/05/02 11:15

世代最強の「運」を味方に。キタノコマンドールは府中で輝く。<Number Web> photograph by Shiro Miyake

3戦連続で最速の上がり3ハロンを記録しているキタノコマンドール。直線が延びる府中で、その威力はさらに増すはずだ。

ダービーは運のある馬が勝つとしたら。

 そして、同時に“やはり運もある馬”だと感じたと続ける。

「今年から皐月賞におけるダービーの出走権が4着から5着に拡大されました。そのお陰でダービーに出られることになりました」

 思えば大本命と目されていたダノンプレミアムが皐月賞を回避してくれた分、椅子が1つ空いたととれなくはない。その椅子にギリギリ滑り込みで座れたのは、やはり“運”があったからか……。

「だいぶマシになったといえ、歩様の固い面はある馬だから、間隔を詰めて使えません。それだけに皐月賞で権利をとれていなかったら、他のトライアルで出走権を獲ったとしても、万全の状態で本番を迎えるのは難しかったと思います」

 裏を返せば皐月賞で権利を獲れたからこそ、大一番へ良い状態で向かわせることが出来る。

 最近では言われなくなったが、ひと昔前によく言われた格言がある。

“皐月賞は速い馬、菊花賞は強い馬、そしてダービーは運のある馬が勝つ”。

 この言葉が本当なら、キタノコマンドールが日本ダービーを制してもおかしくはない。あとはこのままミルコ・デムーロが乗れるか否か。そこも運が向くことを期待したい。

関連記事

BACK 1 2 3
池江泰寿
野本巧
キタノコマンドール

競馬の前後の記事

ページトップ