プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

王者オカダが誓ったドーム満員伝説。
「幸せの雨」という名の招待状とは。 

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2018/01/09 16:30

王者オカダが誓ったドーム満員伝説。「幸せの雨」という名の招待状とは。<Number Web> photograph by Essei Hara

新たな「オカダ・カズチカ像」をファンに見せつけることはできたのか……。IWGP王者としての試練は続く。

翌日、1面トップで取り上げたのは日刊スポーツだけ。

 ニュースや話題に値する興味がわかなければ人は集まらない。

 今年、翌日の1面で1.4を扱ったのは関東地区では日刊スポーツ1紙だけだった。夕刊の東京スポーツは残念ながら終面だった。

 まだ、オカダの思いには遠く届かない。

「もう一回やろう」とオカダは燃え尽きてしまったような内藤に呼びかけた。

 だが、オカダ自身、「オカダvs.内藤」ではまだ物足りないものがあると感じているはずだ。

昨年のオメガ戦を超えられたのか?

 オカダはリング・コスチュームをセミ・ショートパンツから長いパンタロンに変えて1.4に臨んだ。オカダなりのIWGP王者にふさわしいいでたちなのだろう。オカダ自身は「刺激を求めた」という。

 それはリング上だけに限らない。

 往年の名レスラー、リック・フレアーがそうしたように、いい車に乗って、ビシッとした装いで決めて会場入りする。

 これはいいことだ。

 だが、正直、試合内容では昨年の1.4のケニー・オメガ戦のインパクトは超えられなかった。

「でもオレは、オレのプロレスで全員を満足させて、ハッピーにしてやります。今までは、レインメーカーとして金の雨しか降らせて来なかったが、2018年は、感動の雨、驚きの雨、幸せの雨、いろんな雨を降らせて行きたい」

【次ページ】 「感動の雨」「驚きの雨」、そして……。

BACK 1 2 3 NEXT
オカダ・カズチカ
内藤哲也
ケニー・オメガ
新日本プロレス

プロレスの前後のコラム

ページトップ