サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

長谷部誠「割り切った戦い方を」。
ハリルJ、連敗を謙虚に受け入れて。 

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2017/11/17 08:00

長谷部誠「割り切った戦い方を」。ハリルJ、連敗を謙虚に受け入れて。<Number Web> photograph by Getty Images

この連戦で酒井宏樹と浅野はプレー時間を伸ばした。ハリルホジッチ監督は彼らの潜在能力をさらに引き出せるか。

違いを生み出せる選手ばかり求めても……。

 しかし、中盤の層は厚いとは言い難く、即世界レベルで対応できる選手はわずかだ。

 現代表はアジア予選から通じて、個での打開に重きを置いてきた。アジアではそれで結果を手にすることができたが、世界の強豪国相手には、個では崩すことが難しいことも明確になった。それを改めて痛感したのか、指揮官は方向転換ともとれるニュアンスの言葉を残している。

「私の頭の中には『もう少し、ここを伸ばしたい』というアイデアはある。日本には、個人で違いを見せつける選手が足りないと時々感じることがある。違いを生み出せる選手、特に点を取るというところで、我々にはまだ足りない。ただ、それを求めてばかりいても仕方がないので、トップパフォーマンスの組織プレーで臨まなければならない」

日本の時間帯があっても、決定的な場面でやられる。

 2連敗となった欧州遠征をどう受け止めるべきか。選手はそれぞれこう語っている。

「ベルギー戦は自分たちのゲームプラン通りに進んだと思いますが、あの1失点で間違いなく重いゲームになった。ただ変な話ですが、引き分けるよりも、1点とられて負けたことによって、感じることのほうが多いのかなと思います」(長谷部)

「南アフリカ大会のときは直前の合宿、試合も含めて全然ダメだったけれど、グループリーグを突破した。逆にブラジル大会は、親善試合で結果も出しているなかで、本大会では惨敗した。僕はその両方を経験している。もちろん、今がいい状態なのに越したことはないけれど、いい部分も悪い部分も冷静に受け止めている。W杯で結果を残すことがすべてだし、次へ繋げるための努力は明確に見えている」(長友)

 敗戦という結果と向き合いながらも、ポジティブな面を見つけようとしている。

 何より、西野技術委員長の言葉が最も的確だった。

「(ブラジルとベルギーは)間違いなく世界のトップ5であると思いますけど、テストマッチですから決して100%ではなかったと思います。一方で、我々は100%全力で戦ったと思います。この結果が今の日本のポジションだと確認できた。自分たちの時間帯もあったと思いますけど、決定的な場面でやられている……そういう差は感じました」

【次ページ】 体験しないとわからないことは多いからこそ。

BACK 1 2 3 4 NEXT
ヴァイッド・ハリルホジッチ
浅野拓磨
長谷部誠
長友佑都
西野朗

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ