ミックスゾーンの行間BACK NUMBER

昔話に花を咲かせ、冗談で笑わせ。
ハリルinフランス、自然体の記者会見。 

text by

西川結城

西川結城Yuki Nishikawa

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2017/11/09 08:00

昔話に花を咲かせ、冗談で笑わせ。ハリルinフランス、自然体の記者会見。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

代表発表会見や試合後インタビューのイメージが強いハリルホジッチ監督だが、フランスではまた別の一面を見せている。

「世間の皆さんに私はどう映っているのですか?」

 3バックの場合、どうしても左右2人のウイングバックも引いた状態となり、5バック気味になることがある。ハリルホジッチ監督の頭の中に、受けに回る状態での3バックはないのだろう。やるなら、あくまで積極的に守り、攻めていく。

 しかし、3バックでその姿勢を貫くのであれば、DF一人ひとりがフィジカル、パワー、スピードで高い能力を持ち、さらに広いエリアを埋められる戦術的センスも不可欠だ。

「後ろを3人で守る」というフレーズを指揮官は使っていた。世界レベルと比較しても、特に今の日本人DFの能力値は決して高いとはいえない。現状での3バック選択を、監督は視野に入れていないことを示唆したのであった。

 選手選考や戦術思考と、ハリルホジッチ監督は澄んだ冬のリールの空気を味わいながら、自然体で日本代表についての考えを口にしていった。

 いつもは厳格な印象が前面に出てしまいがち。それを本人も理解している。

「日本の世間の皆さんには、私はどう映っているのですか? 怖い印象、そうですか(笑)。まあ、監督としては大事なことですね」

 そんな受け応えもまた、いつもより肩の力が抜けた、余裕の表情だった。

関連記事

BACK 1 2 3 4
ヴァイッド・ハリルホジッチ
本田圭佑
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ