沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

横山典「もうひとつあるように感じる」
3歳マイル女王の本当のスケール。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2017/05/08 11:20

横山典「もうひとつあるように感じる」3歳マイル女王の本当のスケール。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

仁王立ち、といった風情のアエロリットと横山典弘。母アステリックスはまだ7歳で、アエロリットが初仔。弟妹たちが楽しみだ。

「牝馬がハイレベル」自体が疑われ始めていたが。

 上位に来た馬たちは、馬場状態も味方につけた。横山は「内がボコボコしていたので馬群に入れなかった」と言い、14番枠から出た2着のリエノテソーロの吉田隼人は「結果的に外のほうがよかった」と話した。

 4着レッドアンシェルの福永祐一は「差し馬には厳しい馬場だった」、12着ジョーストリクトリの武豊は「このタイムだとこの馬にはつらい」とコメントしたように、外の芝がいい高速馬場になっていた。素軽い走りとスピードを武器とする牝馬向きの舞台となっていたことは確かだ。しかし、それを抜きにしても、1、2着馬は強い競馬をした。

「絶対女王」になると思われたソウルスターリングが桜花賞で3着に敗れ、それと双璧をなす存在と目されたファンディーナが皐月賞で7着に終わったことで、「今年の3歳牝馬は強い」という見方はひょっとしたら間違っていたのでは……という空気が漂いかけていたのだが、それをアエロリットとリエノテソーロが吹き飛ばした。

 これら2頭がどう成長していくかはもちろん楽しみだし、「女王決定戦」のオークスの楽しみも大きくしてくれたNHKマイルカップであった。

関連記事

BACK 1 2 3
アエロリット
横山典弘

競馬の前後の記事

ページトップ