マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

得意の守備も直され、打撃は大改革。
西武・源田壮亮のショート獲り作戦。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/02/09 08:00

得意の守備も直され、打撃は大改革。西武・源田壮亮のショート獲り作戦。<Number Web> photograph by Kyodo News

辻監督に直々の指導を受けながら、自らの武器である守備を磨きなおす源田壮亮。プロ野球界に、ショートのレギュラーの席は12個しかないのだ。

「2本?」と聞いたら、強い表情で「5本です!」。

 この日の練習の最後、“特打”に臨んだ源田壮亮の打ちっぷりがすごかった。

 バットに当てるようにしか打っていなかった彼が、ブンブン振って、ライト方向へ長打性の打球をガンガン飛ばす。

 午前のバッティング練習とは、思い切りが違う。怒りのようなものが伝わってきた。

 ライナーで右翼100メートルのフェンスを越えた打球も何本か目撃した。愛知学院大の頃からトヨタ自動車、ずっと源田壮亮を見てきているが、彼のフェンスオーバーを初めて見た。

 打ち終わって、ケージを出てきた彼に、遠くから「2本?」と指で尋ねた。

 すると、一瞬キッとなったような顔で強く首を振って「5本です!」。遠くからはっきり聞こえる声で修正してくれた。

「手だけで触りにいくような打ち方じゃダメだって言われました。下半身の回転でガツンと叩かないと使えないって……。5本放り込むまで終わらないぞって言われたんで、その気で狙って打ちましたから」

 顔面を真っ赤にして、目のふちも赤く染めて、源田壮亮の“怒りの特打”が終わった。

 フィールディングに抜群の才能を発揮していたから、“まあまあ”でいいと済まされてきたバッティング。見ないふりをしてきた自身の弱点もキャンプ早々にあばかれてしまう、それがプロのきびしさ、残酷さ。

 そんな突き落とされ感に打ちひしがれながら、こんちくしょー! と立ち上がろうとしている若者たちが、九州の、そして沖縄のキャンプに何人もいるプロ野球の球春。

 今はまだ、始まったばかりである。

関連コラム

BACK 1 2 3 4
呉念庭
源田壮亮
埼玉西武ライオンズ
田村伊知郎

プロ野球の前後のコラム

ページトップ