Number ExBACK NUMBER

あの日、タイソンはなぜ負けたのか。
1990年2月11日、東京ドームの衝撃。 

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/01/26 13:00

あの日、タイソンはなぜ負けたのか。1990年2月11日、東京ドームの衝撃。<Number Web> photograph by AFLO

マイク・タイソンはキャリア初の黒星を東京で喫したが、誰もが立ち上がれないと思ったダウンから自力で立ち上がる姿は、見る者を戦慄させた。

心の空虚さをボクシングで埋めようとしていたのか。

 ゲームの中のタイソンはいつまでも強かったが、生身のタイソンは違っていた。東京ドームの試合、子供心にいつものタイソンでないのはわかったけど、なんで、負けたのかはわからなかった。そして試合の後、妙に父が落ち込んでいたのが印象的だった。

 今回Number920号では、あの試合に深く関わったテレビマン、ジャーナリストへの取材をもとにあの衝撃の1日を誌上再現した。タイソンに密着し、その強さの裏にまで迫ろうとした彼らの証言は、あの日、わからなかったことを教えてくれた。当時日本テレビのディレクターとして試合の中継を担当した今村司は、稀代の王者をこう表現した。

「心の空虚さをボクシングで埋めようとしていた」

 あの日、タイソンは何を恐れていたのか。何のために戦っていたのか。そして、なぜ負けたのか。衝撃の東京ドームで起きた一部始終については、是非発売中のNumber920号「ボクシング総力特集 最強は誰だ」でご確認ください。

<ボクシング総力特集>最強は誰だ。

関連記事

BACK 1 2 3
村田諒太
マイク・タイソン

ボクシングの前後の記事

ページトップ