SCORE CARDBACK NUMBER

史上初の世界選手権優勝。アマチュア界
の星・堤駿斗。~極真空手からボクシング
へ、目指すは東京五輪の金~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byBOXING BEAT

posted2017/01/09 17:00

史上初の世界選手権優勝。アマチュア界の星・堤駿斗。~極真空手からボクシングへ、目指すは東京五輪の金~<Number Web> photograph by BOXING BEAT

フライ級決勝戦ではキューバのエリオ・クレスポと対戦。終始接戦で、3-2の判定勝ち。

 リオ五輪では沈黙したままだった日本ボクシングだったが、次の「'20年東京」に向けて光明も差し込んできた。11月にサンクトペテルブルクで開催されたユース世界選手権大会でフライ級の堤駿斗(千葉・習志野高校2年)が金メダルを獲得したからだ。

 五輪を除きアマチュアボクシングで日本人男子が「世界」と名のつく大会で優勝したのは史上初。しかもトーナメントでは5試合を勝ち抜き、準決勝ではウズベキスタンのコルマトフ、決勝ではキューバのクレスポと、世界に名だたるボクシング強国の代表を破っての優勝である。

 こんなにすごいことをやってのけたというのに、本人は今も「実感が湧かないです」と語っている。因みに日本選手が世界大会でキューバに勝ったのも史上初めて。重ねがさねの快挙だったのである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 583文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

平昌へ。FIGURE SKATING EXCITER 2017-2018

Sports Graphic Number 2017/1/14特別増刊

平昌へ。
FIGURE SKATING EXCITER 2017-2018

 

堤駿斗

ボクシングの前後の記事

ページトップ