錦織圭、頂への挑戦BACK NUMBER

「若い」「日本人初」「アジア初」の次。
2017年の錦織圭は何で驚かせてくれる? 

text by

山口奈緒美

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2016/12/26 08:00

「若い」「日本人初」「アジア初」の次。2017年の錦織圭は何で驚かせてくれる?<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

今季最終戦となったツアーファイナルズでワウリンカに勝利し、思わずガッツポーズの錦織。

海外メディアから、真面目過ぎると思われている!?

 オンコートでは冷静で感情を激しく露わにすることもなく、英語の記者会見ではいつもマニュアル通りのようなきちんとした受け答えに終始する。

 恐らくムッとすることもあるに違いないのだが、それでも声を荒げたり皮肉を言ったりすることもない。テニス界では、多くのトップ選手の場合、失礼な記者にキツい指摘をしたり、ケンカ腰になったりすることも珍しくないのだ。

 錦織の、ちょっとふざけてみたり、とぼけたところもあるキャラが他の国のメディアで伝わっていないとしたら、その決して本心を見せないアジアのスターは、ストーリーを書くのが仕事の人たちにとっては少々物足りないと映るかもしれない。

 「若さ」や「日本人初」「アジア初」がそれだけでストーリーになった時代もあったが、もう20代も後半になり、トップ5に定着した今では、そうもいかない。

 まだ達成していないマスターズの優勝、グランドスラムの優勝で再び世界のメディアやファンをあっと言わせることができれば……別にキャラで驚かせる必要もないが、意外とそこはイコールでつながるのかもしれない。

海外のメディアが驚いた、錦織の楽しそうな姿。

 12月初めには埼玉で開催されたインターナショナル・プレミア・テニスリーグ(IPTL)に出場した錦織。

 真剣勝負でありながらランキングにも賞金にも関係ないそのイベントで錦織が見せた姿は、海外から来たイベントスタッフやメディアの目に新鮮に映ったという。あんなに伸び伸びと、楽しそうにファンと交流しながらプレーする錦織を見たことがないというのだ。

 遊びの要素が大きすぎると錦織のプレーは手抜き気味で雑になるが、この適度の緊張感ならちょうど錦織らしいプレーを引き出す好バランスのようだ。特にシングルスではトマーシュ・ベルディヒに対してもニック・キリオスに対しても会場を沸かせるスーパープレーが何度も飛び出した。

【次ページ】 もっと気楽にやればグランドスラムも獲れるって!?

BACK 1 2 3 4 NEXT
錦織圭
スタン・ワウリンカ
アンディ・マレー
ノバク・ジョコビッチ
トマーシュ・ベルディヒ
ニック・キリオス
ラファエル・ナダル
ファンマルティン・デルポトロ

テニスの前後の記事

ページトップ