オリンピックへの道BACK NUMBER

平昌五輪、フィギュアは昼間開催?
米TV局の放映権問題は2020年も。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byJMPA

posted2016/11/13 07:00

平昌五輪、フィギュアは昼間開催?米TV局の放映権問題は2020年も。<Number Web> photograph by JMPA

羽生結弦が金メダルを獲得したソチ五輪のフィギュアは、日本時間で深夜開始だった。放映権と時差は、商業化された五輪が抱え続ける問題だ。

平昌と同じく、東京五輪でも無理難題な競技日程か。

 10時から試合が始まるとして、公式練習はいつ実施することになるのか。試合までどう整えていくのか……。

 むろん、選手すべて同条件だから、不公平であるわけではない。ただ、競技そのものから来る要請ではない理由で、無駄に選手に負担をかけることになるのは否めない。現場にいる人からすれば、違和感があるのは当然だ。

 先月、来日したIOCのバッハ会長の言葉を思い出す。

「すべての運営の中心にアスリートを置く必要があります」

 実態とはあまりにも大きな乖離がある。

 選手第一とは言いつつ、同じくアジアで行なわれる東京五輪でも、その言葉とはかけ離れた競技スケジュールが組まれることになるのだろう。

関連記事

BACK 1 2 3
平昌五輪
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ