パラリンピックPRESSBACK NUMBER

1台の自転車を2人でこいで銀メダル。
鹿沼由理恵と田中まいは本当のペア。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/09/16 11:50

1台の自転車を2人でこいで銀メダル。鹿沼由理恵と田中まいは本当のペア。<Number Web> photograph by AFLO

レース後に笑顔を見せた田中まい(左)と鹿沼由理恵のペア。前半を田中が、後半を鹿沼が引っ張る戦略も成功した。

メダルを狙った3000mでは予選敗退に終わったが……。

 こうして迎えたのが、リオだった。

 最初の種目、女子タンデム1000mタイムトライアルでは5位入賞を果たし、手ごたえをつかむ。

 続いて出場したのは女子タンデム3000m個人追い抜き。2人にとっては、メダルを狙っていた種目だったが、予選敗退と思わぬ結果に終わる。鹿沼は涙をこらえ、田中も無念さを隠せなかった。

 逃したメダルをつかみとるべく挑んだのが、女子タンデム個人ロードタイムトライアルだった。

2人でこいでも、自転車のチェーンは1本。

 だが、レースを前に思わぬトラブルが起こった。スタートのまさに直前、ギアが変調をきたし、いちばん重いギアのまま変えられなくなったのである。

 重いギアのまま、カーブなどの切り替えもできない状態での30kmが、ハードな道のりになるのは分かっていた。

 それでも、2人は懸命にペダルを踏み続けた。タイムは39分32秒92。3位のドイツを0.89秒のわずかな差で振り切り、2位でゴールした。

「メダルを獲りたいという気持ちは、痛いほど分かっていました」(田中)

「田中さんと、一緒に表彰台にあがりたいと思っていました」(鹿沼)

 レース後、涙とともに抱き合う。鹿沼の肩を、田中がぽんぽんと叩く。

 その後笑顔で撮影に応じ、国旗を背に笑顔を見せた。

 2人でこいでいても、自転車のチェーンは1本。2人の呼吸が合わなければ推進力は大きくならない。

 出会ってから、紆余曲折を経てたどり着いた大舞台でつかんだ銀メダルは、執念とともに、呼吸をぴたりと合わせてつかんだメダルだった。

関連記事

BACK 1 2
鹿沼由理恵
田中まい
リオデジャネイロ・パラリンピック
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ