Jをめぐる冒険BACK NUMBER

川崎はポジションの概念すら“壊す”。
「DF田坂」は一見奇策、実はロジカル。 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2016/09/14 11:30

川崎はポジションの概念すら“壊す”。「DF田坂」は一見奇策、実はロジカル。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

福岡戦、後半37分にお役御免となった田坂。陰のキーマンぶりに風間監督も労をねぎらった。

チャンピオンシップ出場確定まで、あと勝ち点3。

 ゲームは、前半のうちにコーナーキックから谷口のゴールで先制した川崎が、さらに後半、中央をこじ開けて中村と大久保のゴールによって追加点を奪った。終盤に1点を許したものの、3-1で勝利し、ファーストステージのリベンジを果たした。

 奇策のようで、実は自分たちのスタイルにプラスαをもたらすロジカルな采配だった田坂の右センターバック起用――。

「そこ(右センターバック)を自分の楽しむ場所にしてくれた」と指揮官が労えば、小林も「やったことのないポジションであれだけのクオリティでやれるのはすごい。なかなか試合に出られなくても練習でずっと良いパフォーマンスを出していたから結果に繋がった。若い選手が学ぶことは多いと思う」と賛辞を贈った。

 セカンドステージも、残り6試合。大詰めを迎えたこの時期に、負傷やコンディション不良で苦しんでいたベテランが輝いたこの試合は、総力戦で勝ち点を積み上げてきた今季を象徴するゲームのひとつと言えるだろう。

 あと勝ち点3。大宮アルディージャとの次節で勝利すれば、川崎にとって最初の目標であるチャンピオンシップ出場が、いよいよ確定する。

関連記事

BACK 1 2 3 4
川崎フロンターレ
田坂祐介
風間八宏

Jリーグの前後の記事

ページトップ