マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

「近未来にプロに進むヤツ」発見!
ヤマハ・鈴木博志の150kmは数字以上。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2016/07/26 17:00

「近未来にプロに進むヤツ」発見!ヤマハ・鈴木博志の150kmは数字以上。<Number Web> photograph by Kyodo News

22日、JR九州に敗れたヤマハは、2回戦で都市対抗を去った。この日も鈴木は1回を無失点に抑えている。

四球にヒットと苦しんでも、150kmの球には力がある。

 向き合う相手は、いきなりクリーンアップだ。いずれも、社会人の“水”を長く飲んできたしたたかな戦士たちだ。

 3番・落合成紀左翼手(33歳・東海大)。

 初球、高く抜けた速球で“150”の表示が出た。聞いていた通りのパワーだ。速球が内外、高低に散って四球になったが、抜けた高めで150キロ、ストライクを取りにいったボールでも147、8なら、なんとかなるかもしれない。

 4番・大澤裕介一塁手(30歳・法政大)。

 真ん中の“147”を、ヘッドを立てて合わされて、やられた! と観念した打球が右翼手の右にライナーで飛んで、ヤマハ・鈴木光右翼手(23歳・東北福祉大)のスライディングキャッチに救われる。

 5番・内藤大樹右翼手(25歳・青山学院大)。

 若いが生命力あふれる左打者だ。“150”から入って140キロ後半が続いて、カウント2-2から148だ。痛烈に足元を抜かれた。

社会人球界に、久しぶりにすごいヤツが現れた。

 さあ、たいへんだ……とこっちのほうが気をもんだが、ここからの鈴木博志がすごかった。

 2人の打者に合計6球。6番・DH金森宏徳(31歳・慶應義塾大)から空振りの三振を奪った149キロ以外、すべて150キロ。なんという開き直りだ。

 2死になって、代打の辻野雄大(23歳・白鴎大)を遊ゴロに打ち取った“150”はバットを根元から粉砕していた。

 最終回の1イニングを、安打も、三振も、四球も1つずつで無失点に封じた鈴木博志。ここ数年、高校出身の若き快腕がなかなか出てこない社会人球界に、久しぶりにすごいヤツが現れた。

 ダグアウト裏に、すぐ飛んで行った。真っ赤な顔をして、通路に出てきた。

 ナイスピッチング! と肩をたたいたら、こっちのことがわからない。

 ほら、高校の時に受けたじゃない……とミットの形をしてあげたら、ああ! と思い出した真ん丸い笑顔が高校の時のまんまだった。

【次ページ】 大量のご飯に、替え玉5個で10kg増やした体重。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

鈴木博志
ヤマハ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ