バレーボールPRESSBACK NUMBER

竹下佳江が率いる姫路のプロチーム。
彼女が次に壊すのはどの「常識」か。 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2016/07/16 08:00

竹下佳江が率いる姫路のプロチーム。彼女が次に壊すのはどの「常識」か。<Number Web> photograph by Kyodo News

一度現役を離れながら復帰し、2004年には当時日本で唯一のプロ契約選手となった。竹下佳江は常識を越えていく。

河合「この話を断ったら一生後悔するだろうなと」

「もう私はバレーをやりたくなかった。そんな気持ちでやっていると、本気でやっている人に申し訳ないという気持ちがすごく大きかった」

 河合は当時の心境をこう明かす。

 引退後、2年間はまったくボールに触ることはなかった。しかしやがて、かつてのチームメイトに誘われて9人制チームでプレーするようになっていた。

 そんな河合に、竹下は「新しいチームを作るから、一緒にやらない?」と声をかけた。河合は言う。

「迷ったんですけど、この話を断ったら一生後悔するだろうなと思ったので、『よろしくお願いします』と、一緒にやらせていただくことにしました。やっぱりテンさん(竹下)に誘われたというのが、自分の中で一番大きかった。目標としていた憧れの選手であり、JTでも先輩だった人。次は選手と監督という関係ですが、わからないことはどんどん聞いていきたいし、組み立てや考え方をもっと吸収したいなと思います」

プロ契約は現在3人。全員一度は引退した選手たち。

 そう意欲を見せる河合に対し、竹下も鍛える気は満々のようだ。

「北京五輪でもJTでも一緒にやっていたので、彼女のセッターとしての能力は私はよくわかっている。彼女はコミュニケーションもとれるしハンドリングもいいし、ディフェンス力もある。私が言うのもなんですけど、高さがあるわけではないけど、組み立てや勝負どころの使い方というのをわかっている選手。体さえ整えば、まだまだできます」

「彼女を再び全日本に送り出す、という思いも?」と聞くと、「あります」と即答した。

「まだ26歳ですし、鍛えればというか、戻れば全然いけると思います」

 現在、姫路がプロ選手として契約しているのは、河合と元久光製薬スプリングスのウイングスパイカー筒井視穂子、元デンソーエアリービーズのリベロ片下恭子の3人。いずれも一度現役を引退し、ブランクを経ての復帰だ。今は姫路獨協大で大学生とともに練習しており、河合と片下はすでにこれまでの仕事を辞め、姫路に住み始めた。

【次ページ】 意外にも「楽しさ」を口にした竹下監督。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

竹下佳江
ヴィクトリーナ姫路

バレーボールの前後のコラム

ページトップ