錦織圭、頂への挑戦BACK NUMBER

今年こそほしいマスターズのタイトル。
錦織が勝ち上がるためには何が必要? 

text by

山口奈緒美

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

PROFILE

photograph byManuela Davies / Mannys photography

posted2016/03/29 17:00

今年こそほしいマスターズのタイトル。錦織が勝ち上がるためには何が必要?<Number Web> photograph by Manuela Davies / Mannys photography

チリッチの身長は198cm、イズナーは208cm、ジョコビッチは188cm。試合を楽しめたドルゴポロフは183cmだった。

ビッグ5に勝つために必要な“持続力”。

 ただ、サーブ以外の技術が申し分ないとしても、グランドスラムやマスターズでビッグ5に勝って頂点までいくには、その持続力が重要になる。〈Underachiever〉型の選手に共通して欠けていると思われるものだが、錦織は全豪オープンでのノバク・ジョコビッチ戦、インディアンウェルズのラファエル・ナダル戦とも、これ以上ないほどの立ち上がり数ゲームから、ちょっとしたまずいプレーから勢いを失ってしまった。ジョコビッチやナダルはこの持続力に長け、ナダルはこのところ低迷気味といわれながらも、「今でも全てのショットに全力を注ぎ、試合の間持続させることはできる」と話している。

 そういえば、ナダルは〈Underachiever〉とは逆の〈Overachiever〉だと断ずる人も少なくない。ナダルもサーブが弱点といわれる上に、錦織のようなショットメークの才能にも長けているわけではない。ナダルの場合は、鍛錬の塊のようなフィジカルと闘志を武器に、世界1位に上り詰め、14個のグランドスラム・タイトルを獲得した。

 マイアミに話を戻そう。そのナダルもフェデラーもアンディ・マレーもスタン・ワウリンカもすでに姿を消している。大波乱だ。あいかわらずジョコビッチだけは番狂わせとほとんど無縁だが、視界は悪くない。このチャンス、生かせるか。

関連記事

BACK 1 2 3
錦織圭

テニスの前後の記事

ページトップ