スポーツはカタチから入る方なんですBACK NUMBER

「クルマ+α」の楽しさを提案する
ランドローバーの姿勢に共感!? 

text by

奥山泰広&高成浩

奥山泰広&高成浩Yasuhiro Okuyama & Seikoh Coe(POW-DER)

PROFILE

photograph byJAGUAR LAND ROVER JAPAN Limited

posted2016/03/30 10:00

「クルマ+α」の楽しさを提案するランドローバーの姿勢に共感!?<Number Web> photograph by JAGUAR LAND ROVER JAPAN Limited

正しいロードバイクの走り方を学ぶ。

奥山 ところで、ツーリング自体はどうだったんですか? 高さんはいつも、集団で走るのを否定していませんでしたっけ? 「オトコは孤独で走るのだ~」って、息巻いてませんでしたっけ?

 ううむ、実を言うと、単に友達が居ないだけ(泣)。でも、今回のイベントで10人ほどで走ったら、今さらながらにチーム走行の重要性を知ったよ。

奥山 知ってますよ。集団で走ると風の抵抗が軽減するから、スピードが上がるんでしょ!? 自転車マンガで勉強しましたから。

 へえ、奥山も『シャカリキ!』とか『弱虫ペダル』とか読むの!? ま、そういうマンガの影響はバカにできないらしく、『弱虫ペダル』の登場人物がピナレロに乗っているんだけど、その影響でピナレロを選ぶ初心者、特に女子ライダーが急増したんだってサ(笑)。ま、それはさておき、集団走行すると空気抵抗が大幅に軽減するのは間違いない。それだけじゃなくて、優れたスキルと豊富な経験を持ったライダーがペースを保って先導することで、後ろのライダー達が体力をロスすることなく走れるのが大きなメリットだね。また、ハンドシグナルによって前方の歩行者や対向車の存在を事前に知ることができ、安全性もぐんと上がるのも嬉しいな。

奥山 え~??? 高さんは以前から「手信号なんて要らねえ! 自分で前方を確認すりゃあいいんだ!!」って、手で合図している人達を鼻で笑ってたじゃないですか。

 いやいや、適切なハンドシグナルは、リアルな道路状況の変化を周りに知らせてくれることがわかったんだよ。俺は集団の後ろの方を走ってたんだけど、さらに俺の後ろにはいちばんスキルのあるリーダーが居て、後方の危険(クルマの急接近など)に配慮しつつ、集団全体を見守っているんだよ。

奥山 ふ~ん。そういうちゃんとした自転車の走り方を、信頼できるライダーに教わることができるのも、こういうイベントの魅力なんですね。だって、孤高のひねくれライダーの高さんが、これほど共感しているんですから。

 それとネ、コースも素晴らしかったんだよ。国道やバイパスを走るのではなく、そこから外れた名も無い林道にずんどこ入って行くんだよ。のどかな田舎道から鬱蒼とした山中を走っていると、カーブを曲がる度に印象的な風景に出くわすんだ。道中がすべて冒険の連続だった!

奥山 楽しそうですね。

 バイクウェア・ブランドのラファはコンペティションレースにも力を入れているけど、タイムやコースにとらわれないスタイルや楽しみ方も謳っているんだ。そのラファのスタッフが中心になってコース選びをしたこともあって、今回のイベントは“知らない道を走るワクワク感”とか“新しい世界と出会うドキドキ感”といった、自転車の魅力を存分に堪能できたってワケだ。

スポーツの多様化をSUVがサポート。

奥山 ところで、クルマのインプレッションはどうだったんですか?

 うん、イヴォークは過酷な気候&路面条件でも安全に、快適に走行できる性能を備えつつも、並のスポーツカー顔負けの軽快でファンな走りが魅力だね。

奥山 それにスタイリッシュなエクステリアと高級感溢れるインテリアも! そのお洒落なキャラとポジショニングは、大御所スタイリストがこぞってイヴォークに乗っていることでうなずけますね。

 でも、俺はディスカバリースポーツの方が良かったなぁ。イヴォークよりもソフトな感じがいいね! また、居住空間~荷室の使い勝手の良さを考慮したら、いろいろなスポーツ&アウトドア・アクティビティを楽しむには最適のSUVだと思うよ。

奥山 へえ、セダンやクーペを好む高さんにしては、好評価じゃないですか。ちなみに、今さら聞くのも恥ずかしいんですが、そもそもSUVって何?

 おいおい、前にも説明しただろ!? Sport Utility Vehicle=スポーツ・ユーティリティ・ビークルの略だよ。

奥山 そうそう、そうでした。1990年代にアメリカで発生したクルマの形態の1つですね。

 アメリカ人がサーフボードやMTBを載せて、フィールドでスポーツアクティビティを楽しむためのクルマ。当初は箱型のバンが主流だったんだけどね。つまり、単にギアや人をフィールドまで運ぶだけなら、バンだろうがトラックだろうが構わないんだけどサ、快適に安全に行って帰ってくるには高性能なクルマが必要不可欠。ましてや、アクセスの最中にもドライビングプレジャーを楽しみたいのなら、スポーティなSUVを選ぶしかない。

奥山 ううむ、オフタイムが限られている現代人としては、貴重な休日にドライブもスポーツもアウトドアも満喫したいですからね。

 そのとおり。欲張りというよりは、楽しみ方の可能性がいろいろあってもいいだろ!?……ってスタンスだな。スポーツやレジャーが多様化する今、ジャガー ランドローバー ジャパンがその可能性を訴求していることが、このイベントの意義であり、だからこそ俺はそいつに共感したんだよ。

奥山 おおっ、高さんにしては珍しくアカデミックなまとめ!

クリックで拡大

LAND ROVER DISCOVERY SPORT

均整のとれたスタイリッシュなボディに、レンジローバー自慢の優れた走破性&走行性能を搭載。天候や路面状況の変化に関係なく、速く快適に、そして安全にフィールドまで走って行くことができる。また、コンパクトなサイズに5+2シートを採用。乗車人数や荷物の量に応じてスペースを調整し、さまざまなスポーツアクティビティを楽しむことができるのが魅力だ(500万円~)。また、よりスポーティな走りが楽しめるイヴォークも見逃せない(496万円~)。

(問い合わせ)ランドローバー・コール
(電話)0120-18-5568
(公式サイト)http://www.landrover.co.jp

関連記事

BACK 1 2

他競技の前後の記事

ページトップ