プロ野球亭日乗BACK NUMBER

「円陣声出し」金銭授受を暴露した
笠原元投手は記者会見を開くべき。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2016/03/18 10:50

「円陣声出し」金銭授受を暴露した笠原元投手は記者会見を開くべき。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

試合に勝つと円陣で発声した選手に1人5000円の“ご祝儀”を渡していたという。

笠原元投手は記者会見を開くべき。

 同時にいま巨人と球界を巡る一連の不祥事を見るとき、大切なことは問題の本質を見誤らないことだろう。

 それが何かと言えば巨人の対応ではなく、野球賭博に手を染めた選手の行為であり、その背後に本当に反社会勢力とのつながりがなかったのかということである。

 事態の本質を見れば、一刻も早くやらなければならないのは、今度こそ野球賭博の全容を解明することなので、そのためには改めて事件に関わった関係者がNPB(巨人でもいいが)の調査に協力することも必須となる。

 事件の一方の当事者でメディアを通じて発言している飲食店関係者は、NPBの調査委員会による調査協力を拒否したという。ただ、笠原元投手は協力することを了解し、近いうちにNPBの調査委員会が事情を聞けるようになる可能性が出てきているという。

「これからは正直に話します」――ツイッターでこう発言する笠原元投手は記者会見を開いて、公の席で知っている事実をきちっと語って欲しいとも思う。

「僕のルートでは5人目は正直いないです。それは言い切れます。違うルートで噂の出ている人は分からない」

 サンケイスポーツの取材に答えてこう語った笠原元投手。その一方で「昨年の騒動発覚後に携帯電話を替えた選手が何人もいる」と発言しているという話も聞く。

 笠原元投手が語ってきたこういう思わせぶりな言葉が本当なのか。だとしたらその言葉はいったい何を意味するのか。事実関係をきちっと詰めて真相をあぶり出すことが野球の信頼を取り戻すために必要なのである。

 警察の力を借りてでも、野球賭博の全容とその背後関係を解明する以外に、巨人と球界を取り巻くファンの不信を一掃することはできない。

関連記事

BACK 1 2 3
笠原将生
福田聡志
松本竜也

プロ野球の前後の記事

ページトップ