野球善哉BACK NUMBER

中日「ポスト谷繁」論争に決着の時!
“中村武志似”の桂依央利に期待大。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2016/03/16 10:30

中日「ポスト谷繁」論争に決着の時!“中村武志似”の桂依央利に期待大。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

昨年一軍デビューし、初安打がホームラン。桂依央利は谷繁元信の後継者争いを勝ち抜けるか。

米村「結果がものをいう世界で、何を甘いことを」

 さらに木下には、反骨心もある。法政大4年時に指名漏れをしたことが、彼を野球選手として大きく成長させた下支えになっているのだ。

「僕が大学4年のとき、4人の同級生捕手がドラフトで指名されました。ドラフトを終えて、梅野隆太郎(阪神)、桂、嶺井博希(DeNA)、吉田裕太(ロッテ)が指名されたのはやっぱり悔しかった。プロへの想いが強くなったのは確かです。この2年は、自分を成長させようとやってきました。勝てる捕手になることが目標です」と話している。

 ポスト谷繁の座を争っている中で、キャンプ、オープン戦で出場機会を与えられているのは、松井を筆頭に杉山、加藤、木下。その争いは熾烈を極めているが、桂の担当スカウトである米村はこう話してくれた。

「桂にとっては勝負の年になる。ルーキーの木下にチャンスが与えられると思うけど、その中でどう存在感を見せていくか。木下が試合に出ていて、ベンチで悔しさを感じないようやったら、お前は今シーズンでユニフォームを脱げと桂には言っている。

 昨年のウインターリーグでも、『不運でした』という言い訳をしていたので、それは厳しく叱りました。結果がものをいう世界で、何を甘いことを言うているんや、と。グラウンドコンディションが悪くてイレギュラーしたと本人は言っていたんですけど、『それやったら、フライを打たせるリードをするんがお前の役目やろ』とね。本人はまじめに聞いていましたよ。しっかりと大人としてのやり取りができて、プロとして言葉で返せるようにもなってきた。楽しみかなと思う」

「ポスト谷繁」論争、決着の行方は。

 今の桂に、谷繁のような、投手陣を従えるだけの求心力があるわけではない。しかし桂には、性格がもたらす特別な能力がある。中日の生え抜きとして、10年以上にわたってレギュラーを張った中村武志と似た捕手の大成に期待したい。

「ポスト谷繁」論争、そろそろ決着のころだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
谷繁元信
松井雅人
桂依央利
杉山翔大
加藤匠馬
木下拓哉

プロ野球の前後の記事

ページトップ