ゴルフボールの転がる先BACK NUMBER

愛媛生まれの松山英樹が「仙台出身」?
会場アナウンスと、風化しない震災。 

text by

桂川洋一

桂川洋一Yoichi Katsuragawa

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/03/11 10:50

愛媛生まれの松山英樹が「仙台出身」?会場アナウンスと、風化しない震災。<Number Web> photograph by AFLO

アメリカと日本ではチャリティへの温度感が大きく違う。松山英樹もまた、自分なりの距離感を探している。

「フロム・センダイ・ジャパン――」

 PGAツアーでは選手がスタートする際、名前の前に出身地、居住地を会場にアナウンスされる試合が多くある。

 松山がスタートティに立ったときはいま「仙台出身」と紹介される。

 愛媛県で生まれ、高知・明徳義塾中高を卒業した。昨年からは拠点を米国フロリダに移している。東北で過ごしたのは、大学在学中の4年間だけ。だが「仙台にずっといたから違和感なんかない。でも(外国人は)誰もオレが仙台から来たこと覚えてないんだろうなあ」と言う。視線を落としてポツリと続けた。

「仙台……いいとこッスよ」

 松山のバッグを担ぐ進藤大典キャディのコースメモには、白地のカバーに「がんばろう東北」の文字がある。当時、プロ野球・楽天イーグルスが配布したステッカーを貼り付けたものだ。

 月日は流れても、2人がコースを練り歩く様を見て、当時に思いを巡らせる人はきっとどこかにいる。

「フロム・センダイ・ジャパン ヒデキ・マツヤマ」――。

 その声はきょうも、海の向こうで響いている。

関連記事

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 国内外のトーナメント速報をいち早くお届け!!

BACK 1 2 3
松山英樹

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ