サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

U-22、最終予選に甲府・伊東純也を!
武器は「一人で完結できる」スピード。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2015/12/01 10:30

U-22、最終予選に甲府・伊東純也を!武器は「一人で完結できる」スピード。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

甲府でも先発、サブ双方で使われどちらでも結果を残している伊東純也。

スタメンよりも、スーパーサブが適任?

 ただ、サイドに入ると守備の負担が大きくなるという懸念材料もある。また、国際試合で90分間スプリントし続ける体力は今の伊東にはまだない。となれば、スタメンよりもワンポイントで苦しい時に伊東のスピードに賭けるのが、現実的かつベストな起用方法だろう。

 もっとも伊東は「スタメンで出たい。長くプレーした方がよりチャンスを得られるから」とスタメンでの出場に意欲満々だが、伊東のスピードは相手が疲労してくる時間帯にこそ最大の脅威になる。湘南戦でも後半11分からの出場だったが、鎌田、中島、伊東の3人のプレーはスピード感に溢れ、アグレッシブな攻撃を展開した。その残像は、手倉森監督の眼に強く焼き付いたはずだ。

「目に見える結果、得点とアシストを決めたい」と覚悟を持って挑んだ湘南戦は残念ながらゴールもアシストも奪うことができなかった。伊東本人も悔しがったが、チャンスはこれで終わったわけではない。

 残念ながらカタール合宿メンバーからは外れたが、来年1月、ドーハの地でそのスピードを披露し、日本の勝利に貢献してくれることに期待したい。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

伊東純也
手倉森誠
ヴァンフォーレ甲府
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ