SCORE CARDBACK NUMBER

日本ラグビーのスター候補、帝京・竹山晃暉が走り出した。
~端正で聡明、煌めく18歳のWTB~ 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byYuri Tanimoto

posted2015/07/23 10:30

日本ラグビーのスター候補、帝京・竹山晃暉が走り出した。~端正で聡明、煌めく18歳のWTB~<Number Web> photograph by Yuri Tanimoto

昨年8月、ユースオリンピックの7人制ラグビーに出場。既に世界の舞台も経験している。

 これが18歳のセリフか?

「この大会を振り返ると『悔しい』のひと言。賞金100万円の代わりに、悔しさをプレゼントしてもらったと受け止めています」

 7月5日に秩父宮ラグビー場で行われたinゼリージャパンセブンズ決勝の試合後、敗れた帝京大の1年生WTB竹山晃暉は、味のある言葉を発した。

 帝京大はこの大会、プール戦では15人制トップリーグ王者のパナソニックを38-12で破り、準決勝では昨季の決勝で敗れたリコーに終了直前、竹山の同点トライ&逆転ゴールで21-19と劇的勝利。神戸製鋼との決勝も、5-17とリードされて迎えた後半、竹山の連続トライで一度は逆転。最後は後半ロスタイムにトライを奪われ、死闘の末に24-31で敗れたが、竹山は5試合でチーム最多の8トライをスコア。主将を務めたBK松田力也が「勝ってたらMVPは竹山やったな」と言ったほどの活躍だったのだが……本人の感想は「悔しいのひと言」なのだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

竹山晃暉
帝京大学

ラグビーの前後のコラム

ページトップ