SCORE CARDBACK NUMBER

国の地力が問われたデ杯。“錦織以外”の奮起に期待。
~第2シングルス、適役は誰か?~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiroshi Sato

posted2015/03/24 10:00

国の地力が問われたデ杯。“錦織以外”の奮起に期待。~第2シングルス、適役は誰か?~<Number Web> photograph by Hiroshi Sato

錦織を温存し添田、内山が組んだダブルスは、フルセットまでもつれたが、最後は力尽きた。

 デビスカップ・ワールドグループ1回戦で日本はカナダに敗れ、昨年に続く8強入りを逃した。錦織圭はシングルスで2勝したが、伊藤竜馬と添田豪の単とダブルスで勝ち星を挙げられなかった。このチームの課題は明白だ。錦織の2勝は計算できても、あと1勝をどこで取るか。植田実監督は対戦後に「ナンバー2が一番大事だと思っていた」と語った。内山靖崇がダブルスの柱に育ち、今後に期待を持たせるが、やはりチームの浮沈は第2シングルスにかかっている。

 今回のキーマンは添田と見られていた。デ杯のシングルスで日本歴代3位の23勝を挙げた30歳は、監督の信頼も厚く、主将を任されている。'13年のコロンビア戦では2勝2敗で迎えたシングルスに勝ち、ワールドグループ復帰の立役者となった。しかし、今回は2-2で登場し、完敗。敗退の責任を背負い込む形になった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 569文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<創刊35周年記念号>日本サッカーへの提言。

関連記事

錦織圭
伊藤竜馬
添田豪
植田実
西岡良仁
内山靖崇

テニスの前後の記事

ページトップ