Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<なでしこのキャプテンが語る> 宮間あや 「今日より明日へ、一歩ずつ」 

text by

上野直彦

上野直彦Naohiko Ueno

PROFILE

photograph byTaiji Yamazaki

posted2015/01/14 11:50

<なでしこのキャプテンが語る> 宮間あや 「今日より明日へ、一歩ずつ」<Number Web> photograph by Taiji Yamazaki

前回W杯のような、守備を固めて1点狙いでは厳しい。

――『全部自分がやる』というのは?

「攻守や戦術もそうですが、サッカーのベースは1対1。クラブではその時間を極力少なくできるように、常に自分がサポートしようと思っています。自分がうまく加われれば1対1の局面を打開できる。代表では個々の力のレベルが高いですからそういうことは必要ないので、そこに違いが出ていますね。

 例えば、自分たちのクラブの選手がドリブラーに対応する時、相手は必ずカバーの選手を見ているので、自分が視野に入るだけで1対1ではなくなる。そうやって数的優位の時間を多く作るとか、ボールのあるところだけでなく全てに自分が関わろうと思っています」

――代表でのコンセプトというのは?

「今年(2014年)は選手の入れ替わりもあり、なかなかコレというのを見つけ出せていません。ただ、ドイツW杯の時のように守備を固めて、1点を狙うという形では厳しい。現状は失点が減らせていないですが、得点も減ってはいません。打ち合いというか、試合が動く戦いはできるようになっていると思います」

サッカーそのものを楽しんで、その上で勝ちたい。

――'14年はアジアで大きな大会が2つありました。ベトナムで開催されたアジア杯では、初優勝を果たしました。

「大儀見(優季)選手が何試合か参加したとはいえ、基本的に国内組だけで戦い抜きましたが、正直まだまだです。優勝はしましたが、試合をコントロールして勝ち切れないと、もう一度世界王者になることはできません。収穫より課題が多く見つかった大会でした」

―― 一方で、アジア大会の決勝では北朝鮮に3-1と敗れてしまいました。

「敗因は一つではないですが、単純にアジア大会では北朝鮮の強さが抜けていた。あの大会に参加したメンバーだと、自分たちの力以上のものが出せないと勝てない相手でした。その北朝鮮が一瞬の隙を狙っているというのは分かっていたのに、それでもやられたというのは、単純に実力で負けたのだと思います」

――W杯や五輪の舞台では結果を出し続けてきました。国際大会での「負け」に対しての恐怖感は感じませんでしたか?

「そこはもう、超えましたね。もちろん負けてはいけないのですが、それよりも純粋にサッカーそのものを楽しみたい、その上で勝ちたいという思いのほうが強い。メンバーやピッチ状況など同じ試合は1試合もありません。いろいろ変化するのがサッカーで、今は怖さより、楽しみや喜びが大きいですね」

なでしこジャパンは昨年10月、W杯の舞台カナダでの親善試合に臨んだ。
本大会でも使用される会場は人工芝だったが、宮間は手ごたえを感じていた。
そして長年にわたって代表に名を連ねる司令塔は、前回W杯前後からの
女子サッカーの変化を感じ、それを若手にどう伝えるかを考えていた――。
つづきは、雑誌「Number」868号、もしくはNumberモバイルでお読みください。
羽生結弦~2014-15 フィギュアスケート~
コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

宮間あや

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ