SCORE CARDBACK NUMBER

来日ボクサーでは近年最強。リゴンドウを見逃すな。
~五輪で二度の金、キューバの怪物~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph bySumio Yamada

posted2014/12/28 10:30

来日ボクサーでは近年最強。リゴンドウを見逃すな。~五輪で二度の金、キューバの怪物~<Number Web> photograph by Sumio Yamada

五輪で2度の金メダルを獲得したスキルに加え、勘の良さも際立つ天才肌のサウスポーだ。

 年末の世界戦ラッシュで関西のトリを飾るのが、ギジェルモ・リゴンドウ―天笠尚の世界スーパーバンタム級戦だ。キューバの統一王者の来日は、フアンの間でも評判になっている。

 この試合、勝負の面白さは保証できない。アッという間に終わって「ミスマッチ」の烙印が押されるかもしれないからだ。挑戦者の天笠が自ら「99%勝てない」と言うほどである。それでも、リゴンドウを生で見ることができるという点で、勝敗を超越した興味があるカードである。

 日本で行われる世界タイトル戦のほとんどは、まず有望なホープがいて、世界の獲れそうな王座、勝てそうなチャンピオンを見つけて交渉し実現させる。しかし今回は、はじめに大物王者の来日を決めてから、対戦する日本人挑戦者を探すという極めてレアなケースだ。予定された井岡一翔の試合が無冠戦に変更となったため、視聴率を意識したテレビ局(TBS)の主導でこんなカードが成立した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 533文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

羽生結弦~2014-15 フィギュアスケート~

関連記事

ギジェルモ・リゴンドウ
天笠尚

ボクシングの前後の記事

ページトップ