SCORE CARDBACK NUMBER

マドン監督招聘に見るカブス世界一への本気度。
~米屈指の名将、古豪再建なるか~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2014/11/24 10:30

マドン監督招聘に見るカブス世界一への本気度。~米屈指の名将、古豪再建なるか~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

選手としてはメジャー経験のないマドン監督だが、2008年、2011年にリーグ最優秀監督に選出。

 低迷の続くカブスの第54代監督に、レイズを退団したばかりのジョー・マドン氏が就任した。2年連続で地区最下位に沈んだこともあり、2016年まで残っていたリック・レンテリア監督との契約を破棄してまで、チーム再建の切り札としてマドン氏招聘に踏み切った。

 古豪カブスにとって、低迷脱出はここ数年間の大命題となっていた。過去、ダスティ・ベーカー、ルー・ピネラら実績のある監督を起用し、プレーオフ進出は達成しても、根本的な再建にはいたらなかった。その結果、1945年以来リーグ制覇から遠のき、1908年以来、1世紀以上もの間、世界一には届いていない。'45年のワールドシリーズで山羊の入場を断ったことから伝わる「ヤギの呪い」の話題も、今では取り上げられなくなるほど、戦力低下は顕著になった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 540文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

BASEBALL FINAL 2014

Sports Graphic Number 865

BASEBALL FINAL 2014

 

関連記事

リック・レンテリア
ジョー・マドン
シカゴ・カブス

MLBの前後の記事

ページトップ