SCORE CARDBACK NUMBER

イケメン遠藤に求めたい土俵での“泥臭さ”。
~出稽古で揉まれて強くなれ!~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/09/20 10:30

イケメン遠藤に求めたい土俵での“泥臭さ”。~出稽古で揉まれて強くなれ!~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

春日野部屋で栃ノ心と稽古をする遠藤(左)。先場所に引き続き9月場所でも勝ち越せるか。

 遠藤が、3場所ぶりに前頭筆頭まで番付を上げた。今年の3月場所では、初めて上位陣と総当たりして6勝9敗。2場所連続で負け越したものの、先の7月場所では8勝7敗と勝ち越し。端正なマスクを崩し、ホッとしたような笑顔をのぞかせていたものだ。

 誰もが遠藤について、「もっと出稽古で鍛えなければ」と口を揃えていたが、ようやくこの9月場所前、東京では初めての出稽古に臨んだ。

 出稽古先は、栃煌山、碧山、栃ノ心らが揃う名門春日野部屋だ。初めて春日野部屋の稽古場に佇んだ遠藤の姿を目にし、いささか驚いた。なんとも「小さく」見えるのだ。遠藤の所属する追手風部屋では、先場所新十両デビューを果たした大栄翔のほか、それに続くべく幕下力士6人がしのぎを削っている。そんな「ホーム」での遠藤は、関取の証しである白い稽古まわしがまばゆいほどに、大きな存在感を放っていたのだが……。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

遠藤

相撲の前後のコラム

ページトップ