F1ピットストップBACK NUMBER

また1人、F1を熟知する者が去った。
跳ね馬の重鎮モンテゼモーロが辞任。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/09/21 10:40

また1人、F1を熟知する者が去った。跳ね馬の重鎮モンテゼモーロが辞任。<Number Web> photograph by AFLO

左からジャン・トッド、ミハエル・シューマッハー、モンテゼモーロ、ルーベンス・バリチェロ。1993年のフェラーリの面々。まさに黄金時代だった。

また一人、F1を熟知する者が去った。

 最後にイタリア人のレギュラードライバーとして跳ね馬を駆ったイワン・カペリは言う。

「モンテゼモーロのいないフェラーリを想像することは難しい。エンツォ亡き後のフェラーリにとって、モンテゼモーロはなくてはならない存在だった。だから、今回の更迭でFCAの経営はうまく行くかもしれないが、スクーデリア・フェラーリは混乱するだろう」

 フェラーリだけではない。モンテゼモーロは多くのライバルチームのオーナーや代表との親交も深かっただけに、F1界へ与えた衝撃も小さくない。かつてF1チームの代表たちが、FIAやバーニー・エクレストンに対抗するためFOTA(F1チーム協会)を立ち上げ、団結力を強く保てたのは初代会長がモンテゼモーロだったからだと言われている。

 また一人、F1からレースを熟知している者が去った。これからフェラーリは、どこへ進むのか? モンテゼモーロのいないF1がどんな時代となるのか? いまはだれにもわからない。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ミハエル・シューマッハー
フェラーリ
エリック・ブーリエ
マルコ・マティアッチ
マクラーレン
モンテゼモーロ

F1の前後のコラム

ページトップ