サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

武藤と柴崎のゴールを“お膳立て”。
新しい武器「速攻」の中心は岡崎。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2014/09/10 12:10

武藤と柴崎のゴールを“お膳立て”。新しい武器「速攻」の中心は岡崎。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

武藤嘉紀、柴崎岳の初ゴールはともに岡崎慎司のお膳立て。監督が代わっても、彼の前線での存在感が減じることはない。

アギーレの取り組みは一種の「破壊」なのか。

 ミスによる2失点もさることながら、不慣れなシステムも含めて試行錯誤しながらのチームづくりがしばらく続くことは避けられないだろう。

 だが岡崎の前向きなコメントに、筆者はやはり「希望」のほうを見たい。メンバーも入れ替わりながら、これまで不動のレギュラーだった彼もベネズエラ戦は控えからのスタートだった。新戦力の台頭もあり、チーム内部で新たな刺激が生まれていること自体、悪くない。

 横浜の夜空には、ひと際大きな満月が輝いていた。

 岡崎は「まだスタートラインに立ったばかり」と言った。これは代表で3トップのセンターを張るチャレンジを指している。だが、このことはザックジャパンとは違う役割になる本田にしても、柿谷たちにしても同じことが言えるのかもしれない。

 アギーレの取り組みは一種の「破壊」にも映る。

 破壊の後から、新たな創造が生まれるかどうか――。まだ最初の2試合が終わったばかり。アギーレジャパンにとって明るい道筋を照らす月光であると信じたい。

関連記事

BACK 1 2 3 4
ハビエル・アギーレ
武藤嘉紀
岡崎慎司
本田圭佑
柴崎岳
大迫勇也
森重真人

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ