SCORE CARDBACK NUMBER

男子バレー復活なるか。若手争奪戦に終止符。
~東京五輪への新たな育成制度~ 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byJIJI PRESS

posted2014/08/10 10:30

男子バレー復活なるか。若手争奪戦に終止符。~東京五輪への新たな育成制度~<Number Web> photograph by JIJI PRESS

6月26日に発表された新強化体制では、アンバサダーに朝日健太郎、竹下佳江が就任する。

 2020年に開催する東京五輪に向け、日本バレーボール協会が「Project CORE」の発足を発表した。15歳から22歳までの男女18名を「集中的に強化する選手」に定め、彼ら以外にも若年層の選手を発掘育成し、競技の普及までを視野に入れて活動する。

 世界ランキング上位国では、有望選手が10代から代表入りを果たし、国際大会で活躍している。対する日本の選手は全日本入りが遅い。特に男子は深刻だ。今年度は12名が初めて全日本に入り、7名がワールドリーグに出場したが、最年少は21歳の山内晶大だった。7月20日に行なわれた決勝戦で優勝し、MVPを獲得したアメリカのT・サンダーは22歳。チームを優勝に導く働きを見せたサンダーに対し、全日本は山内に限らず、初めて代表戦に臨んだすべての選手が、まだまだ「経験を積んだ」レベルにすぎないのが現状だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 529文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

真夏の絆。~甲子園熱球白書~

Sports Graphic Number 858

真夏の絆。
~甲子園熱球白書~

 

関連記事

山内晶大
酒井新悟
東京五輪
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後の記事

ページトップ