SCORE CARDBACK NUMBER

ウィンブルドンで感じた、“自分らしさ”の物足りなさ。
~奈良くるみvs.ビーナス戦を見て~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2014/07/10 10:00

ウィンブルドンで感じた、“自分らしさ”の物足りなさ。~奈良くるみvs.ビーナス戦を見て~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

2度目のウィンブルドン2回戦に進出した奈良は、同大会で5度優勝のビーナスに敗れた。

 錦織圭はウィンブルドンで初の16強入りを果たしたが、奈良くるみと土居美咲は2回戦、伊藤竜馬と杉田祐一、クルム伊達公子は1回戦で敗退した。逆転負けの錦織と伊達を別にすれば、どれも似たような試合展開だった。同じようなスコアで敗れていく日本勢を見ていると、つい愚痴っぽい言葉も出てくる。「ああ、もったいないな」と。

 奈良と土居、杉田はシード選手に敗れた。伊藤を破ったシモーネ・ボレリも自己最高36位。4人とも、格上相手に健闘した。持てる力を発揮して、よく競った。それだけに、なんとかならなかったか、という思いがある。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

奈良くるみ
ビーナス・ウィリアムズ
伊藤竜馬
杉田祐一
クルム伊達公子
錦織圭
土居美咲

テニスの前後のコラム

ページトップ