SCORE CARDBACK NUMBER

アメリカ中で賑わう、ジーターの「引退興行」。
~地方球団はビジネスチャンス?~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2014/06/24 10:00

アメリカ中で賑わう、ジーターの「引退興行」。~地方球団はビジネスチャンス?~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

アストロズのセレモニーでは、テキサスらしく特製カウボーイブーツとハットが贈られた。

 今季限りでの現役引退を表明しているヤンキースの主将、デレク・ジーターが、開幕以来、各地でファンに別れを告げている。ア・リーグ東地区以外の試合では、ヤンキースが敵地に遠征するのは各球団でシーズン1度だけ。抜群の人気、球界への貢献度もあり、遠征先では相手球団主催の惜別セレモニーが行なわれている。毎打席でスタンディングオベーションがわき起こり、6月13日のアスレチックス戦では、大差が付いた9回表、彼に代打が送られると、敵地スタンドからブーイングが起こった。

「敵のチームなのに、多くのファンの声援には本当に感謝しているよ」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 646文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表、誇りを懸けて。

Sports Graphic Number 2014/6/30臨時増刊

日本代表、誇りを懸けて。

 

関連記事

デレク・ジーター
ニューヨーク・ヤンキース

MLBの前後の記事

ページトップ