Number on NumberBACK NUMBER

5冠より価値ある4冠。
~萩野公介、日本選手権での泳ぎ~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byYusuke Nakanishi/AFLO SPORT

posted2014/06/02 10:00

5冠より価値ある4冠。~萩野公介、日本選手権での泳ぎ~<Number Web> photograph by Yusuke Nakanishi/AFLO SPORT

萩野は6月19日から行なわれるジャパン・オープン(辰巳)では400m個人メドレー、100m背泳ぎに加え、100、200mバタフライにも出場を予定している。

 日本水泳選手権は、昨年に続いて萩野公介(東洋大2年)の6冠挑戦が最大の話題だった。しかし最終的には個人メドレーと自由形の4冠で終わった。昨年の5冠より優勝は一つ減った形だ。日本選手権史上、初の6冠挑戦として話題となった昨年に比べると、今年の報道は、それほど大々的なものではなかったように思う。

 だが記録の内容を見ていくと、昨年の5冠より、今年の4冠を含む6種目の結果のほうが、ずっと価値の高いものであることが分かる。その点をじっくりと見ていこう。

●萩野公介 日本水泳選手権6冠挑戦 昨年と今年の比較

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

萩野公介
瀬戸大也
ダニラ・イゾトフ
入江陵介
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後のコラム

ページトップ