テニスPRESSBACK NUMBER

「世界9位」より重い「ナダル圧倒劇」。
錦織圭が得た“トップ5”という評価。 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/05/14 11:15

「世界9位」より重い「ナダル圧倒劇」。錦織圭が得た“トップ5”という評価。<Number Web> photograph by AFLO

「応援していただいた皆さんにお詫びをしないと」とコメントした錦織。クレーコートで行われる全仏オープン(5月25日開幕)は、コーチのマイケル・チャンが1989年に優勝した大会でもあるので、大いに期待したい。

「すぐにでもトップ5」という評価が定着。

 故障をしない強い体を作るという課題は残されたままだが、このナダル戦で、海外のベテランジャーナリストの間にも「故障さえしなければ、すぐにでもトップ5に入る」という評価が定着したようだ。

 ただ、今はランキングよりも、ナダルを相手に攻撃的なプレーでゲームを支配したという事実がなにより大きい。あれだけ攻撃的に戦えば、ナダルの牙城も揺らぎを見せる、それがわかったことが、この大会での最大の収穫だろう。

「ウィナーを狙うショットが自信を持って打てていました。より攻撃的で、より積極的なテニスがフォア、バックともにできているので、すごく自信を持ってプレーできています」

 途中棄権のショックもさめない中での記者会見で、錦織は何度も「自信」を口にした。

 悲願であったトップ10入りを決めた記念の大会は、錦織という才能が覚醒した大会としても記憶にとどめておくべきだろう。

関連記事

BACK 1 2 3 4
錦織圭
ラファエル・ナダル
マイケル・チャン

テニスの前後の記事

ページトップ