SCORE CARDBACK NUMBER

フェデラーも翻弄する、
錦織とコーチの化学反応。
~マイケル・チャンの薫陶を受けて~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byMannys Photography

posted2014/05/03 10:30

フェデラーも翻弄する、錦織とコーチの化学反応。~マイケル・チャンの薫陶を受けて~<Number Web> photograph by Mannys Photography

錦織(左)は、フェデラーから2勝目をあげ、バルセロナ・オープンではクレーコート初勝利を飾った。

 マイケル・チャンコーチと迎えた2014年シーズン、錦織圭の出足はなかなか快調だ。2月の米国メンフィスでは大会2連覇を達成。3月のマイアミでは、最後は故障で棄権という悔しさを味わったが、当時世界ランク4位のダビド・フェレールと同5位のロジャー・フェデラーを破る殊勲があった。

 最近、英語のテニス専門サイト、テニス・ドットコムにチャンコーチのインタビューが掲載された。当然、錦織の指導にも言及している。チャンは「問題は確実に改善され、いい方向に進んでいる」としながら、「もう少し時間のかかりそうなところもある」「繰り返し言い続け、しみ込ませていくには時間もかかるんだ」と話している。ニヤリとしてしまったのは、錦織が昨年のオフシーズンに書いたブログを思い出したからだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

錦織圭
ロジャー・フェデラー
マイケル・チャン
ラファエル・ナダル

テニスの前後のコラム

ページトップ