野ボール横丁BACK NUMBER

日本ハム・斎藤佑樹を使うのは「今」!
過剰な期待でも、不信感でもなく。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/04/22 16:30

日本ハム・斎藤佑樹を使うのは「今」!過剰な期待でも、不信感でもなく。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

今季はオープン戦から145kmを計測するなど、明らかに昨年までとはボールが変わった斎藤佑樹。二軍からの復活を見せることができるか。

斎藤を使うなら「今」しかない。

 6回にツーランを喫したが、ゆったりとしたフォームで、相手の出方を見ながら余裕を持って投げている。7回2失点という結果以上に、今後に期待が持てる内容だった。

「結果が出ないと悪いんじゃないかと思って考え始めちゃうんですけど、調子自体はいい。そこだけはぶれないでやっていきたいと思う」

 もちろん調子がいいからといって一軍で勝てるものでもない。開幕2戦目のオリックス戦のあと、栗山もこう話していた。

「どんなにいいボールを持ってても、プロでは飯は食えない。ゼロに抑えないと」

 もっともである。

 ただ、これだけははっきり言える。「プロ入り最短KO」などと新聞で大きくかき立てられると、試合を見ていないファンは今年も斎藤はダメなのかと思われるかもしれない。が、今年の斎藤は、間違いなくいい。大学、プロ3年目までの斎藤とは明らかに違う。

 あえて流行語を使わせてもらうが、斎藤を使うなら「今」である。

関連記事

BACK 1 2 3
北海道日本ハムファイターズ
斎藤佑樹
栗山英樹

プロ野球の前後の記事

ページトップ