SCORE CARDBACK NUMBER

“するり”と綱取りに成功。
新横綱・鶴竜の実力は。
~角界勢力図は変わるのか~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2014/04/19 10:30

“するり”と綱取りに成功。新横綱・鶴竜の実力は。~角界勢力図は変わるのか~<Number Web> photograph by KYODO

貴乃花親方の指導で、土俵入りの稽古をする鶴竜。明治神宮の本番で雲竜型を初披露した。

「これからより一層、稽古に精進し、横綱の名を汚さぬよう、一生懸命努力します」

 昇進伝達式で、こうシンプルに口上を述べたのは、第71代横綱となった鶴竜だった。今年1月場所、白鵬との優勝決定戦に臨んで惜敗した鶴竜は、「優勝に準ずる成績」とされ、早々に綱取りに失敗した稀勢の里に代わり「横綱候補筆頭」に躍り出る。いささかの唐突感も否めなかったが、先の3月場所で、初優勝とともに横綱をするりと手中にした。過去70人の歴代横綱昇進時を振り返ってみても、得てして横綱誕生とは「運」や「タイミング」、「見えない力」も味方するものなのだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

鶴竜

相撲の前後のコラム

ページトップ