サッカーの尻尾BACK NUMBER

ルイ・コスタから本田へ、共感と激励。
歴代の10番も通った「酷評」という道。 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byEnrico Calderoni/AFLO SPORT

posted2014/03/19 10:50

ルイ・コスタから本田へ、共感と激励。歴代の10番も通った「酷評」という道。<Number Web> photograph by Enrico Calderoni/AFLO SPORT

「ガゼッタ・デロ・スポルト」に掲載された、ウディネーゼ戦の選手採点。フル出場した本田圭佑は、ターラブトやメクセスと並んでチームで最も低い5点だった。

歴代の10番も当初は批判され、それを乗り越えた。

 同じく10番を背負う本田もセリエAではまだ無得点だ。事実、これまでには『彼に得点は期待できない』という批評もあった。

「どうしてもゴールが決められなかった。だからとにかくアシストをしようと思った。1試合に必ず1アシストはしようと心に誓ってね。味方を活かそうと奮闘した試合が続いた。

 するとある頃から、周囲は『ルイ・コスタは点は取れないけどアシストでチームに貢献してくれている』という見方をされるようになったんだ。得点を決められないなら別のことをやるだけ。手厳しいミランサポーターを味方に付けるには、とにかく努力することだ」

 現地で批判される本田を嘆く声もある。しかし先代の日本人たちも、歴代の10番も、当初は辛辣な批判を浴び、それを乗り越えてきた。誰もが通った道を、2014年の本田は歩んでいるのである。

関連記事

BACK 1 2 3
ルイ・コスタ
ACミラン
本田圭佑

海外サッカーの前後の記事

ページトップ