SCORE CARDBACK NUMBER

F1復帰の可夢偉も登場。
初テストは“走る実験室”。
~複合システムを巡る試行錯誤~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/02/22 08:10

F1復帰の可夢偉も登場。初テストは“走る実験室”。~複合システムを巡る試行錯誤~<Number Web> photograph by Getty Images

ケータハムCT05で初走行に挑む小林。ルノーエンジンの不調もあったが54周を走り終えた。

 今季初の合同テストにロータスを除く10チームが参加し、1月28日から4日間、スペインのへレス・サーキットを走りこんだ。'14年新規定に基づき一新された1600ccV6パワーユニットは“複合システム”と言える。従来のエンジンにMGU-K(運動エネルギー回生)、MGU-H(熱エネルギー回生)、エネルギー貯蔵バッテリー、ターボチャージャー、コントロール・エレクトロニクスを加え、これらを完全に機能させて、想定750馬力以上を発揮する。とても複雑で、もはや単純にエンジンとは言えず、既存3メーカーはそう表現しない。究極のエネルギー効率を競うべく、1レース使用燃料量は3割減とされる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 646文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<フットボールに未来はあるか>レジェンド11人の欧州蹴球論。

関連記事

小林可夢偉
ケータハムF1チーム

F1の前後の記事

ページトップ