SCORE CARDBACK NUMBER

プレーの支えは好奇心。世界の青木が殿堂入り。 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

posted2004/05/20 00:00

 「世界を視野に、戦いの旅に出たい――」

 プロゴルファー・青木功がそう決意したのは、'78年のことだった。

 もちろん、それまでにも世界で戦った経験はある。でもそれは、日本の代表として、招待を受けて戦いに行くだけのものだった。

 '78年のマスターズ。青木は1打差での予選落ちを喫した。最終ホールの最後のパットは、たとえ沈めても予選落ちの動かない1打だった。だが、その1打のことを、青木は酒を飲みながら、僕にしみじみと語ったのだ。

「俺は必死にあのパットを入れようと決めたんだ。これを外したら、この先の自分がなくなっちゃうような気がしたんだよ。俺は今、36歳。この歳になってやっと、棒(クラブ)を振っていることがゴルフじゃないって解りかけてきたんだ。ゴルフは技術だけでも勝てない。精神だけでも勝てない。言葉にすると簡単で、当たり前だけど、“心技体”が大切なんだね。ちょっと遅いかも知れないけど、でも一生、気がつかないよりいいよな……」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 518文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ダービー 夢の行方。 All for the Derby
青木功

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ