Number Do SpecialBACK NUMBER

<五輪での挫折、再生までの物語> 増田明美 「私が走る歓びを知った日」 

text by

城島充

城島充Mitsuru Jojima

PROFILE

photograph byTakashi Shimizu

posted2014/01/23 06:10

<五輪での挫折、再生までの物語> 増田明美 「私が走る歓びを知った日」<Number Web> photograph by Takashi Shimizu
マラソン中継で、知られざるエピソードを紹介する解説者の言葉は、
ランナーに対しての愛にあふれている。
日本中の期待を一身に背負い、ロス五輪で棄権という挫折を
味わったかつてのトップランナーが、再びランニングの魅力を知るまで――。

本日発売のNumber Do 『私が今日も走る理由。』より、
増田明美さんのドキュメンタリーを公開します。

 昨年12月に宮城県仙台市で開催された『全日本実業団対抗女子駅伝』で、こんなシーンがあった。2区の約2.6km地点で、デンソーの小泉直子が1区で先頭だったヤマダ電機の須澤麻希をとらえた。小泉が抜き去った瞬間、第一中継車でレースを解説していた増田明美がふれたのは須澤の走りだった。

「須澤さんは去年のレースで1区を走って26位でした。抜かれはしましたが、今年は自分の走りがしっかりできていると思います」

 なぜ、彼女はトップに立った選手ではなく、チームの順位を落とした選手に思いを寄せたのだろうか。

 そのまなざしの背景には、女子マラソンの黎明期を支えた天才ランナーの栄光と挫折、そして再生のドラマがある。

「あのころは大きな渦に巻き込まれて、何が起こってるのかよくわからなかった」

 増田はそう口を開いてから、過去の自分と向き合い始めた。あの“渦”の正体はいったい何だったのか、なぜ、あんな形で“渦”に巻き込まれてしまったのか。当時の状況や内面の移ろいを振り返るたび、その真実が明らかになっていく。

こちらは雑誌『Number Do』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 5473文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

私が今日も走る理由。

Sports Graphic Number Do 2014 Winter

私が今日も走る理由。

 

増田明美
瀧田詔生

陸上の前後の記事

ページトップ