SCORE CARDBACK NUMBER

UFCで川尻、菊野が勝利。
日本人選手の活躍に期待。
~新春第1戦でオクタゴンデビュー~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2014/01/19 08:10

UFCで川尻、菊野が勝利。日本人選手の活躍に期待。~新春第1戦でオクタゴンデビュー~<Number Web> photograph by Susumu Nagao

2ラウンド50秒で一本勝ちを収めた川尻は試合後「もっと強い相手とやりたい」と叫んだ。

 UFCの新春第1戦となる「UFCファイトナイト34」(1月4日・シンガポール)で、4名の日本人ファイターがオクタゴンデビューを果たした。中でも、一番強烈なインパクトを残したのはセミファイナルに出場したフェザー級(65.8kg以下)の“クラッシャー”川尻達也だろう。このところ8戦8勝と好調なショーン・ソリアーノを相手に1R中盤までは攻めあぐんだが、それ以降自分のペースを掴み、最後は2Rにスリーパーで失神させて一本勝ちを収めた。

 試合の途中で軌道修正できたのは、40戦以上闘ってきたキャリアのおかげか。残念ながら川尻が強く望んだサブミッション・オブ・ザ・ナイト(最も優れた一本勝ちをあげた選手に与えられるボーナス)はもらえなかったが、実力者揃いのフェザー級戦線の上位に一歩食い込んだことは間違いない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 571文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

世界一を獲る!~頂点を極めるための方法論~

関連記事

川尻達也
菊野克紀
クイン・マルハーン
徳留一樹
岡見勇信

格闘技の前後の記事

ページトップ