野ボール横丁BACK NUMBER

ロッテ1位、石川歩は田中の同級生。
7年遅れで始まる「ウサギとカメ」。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/01/16 10:45

ロッテ1位、石川歩は田中の同級生。7年遅れで始まる「ウサギとカメ」。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

新人合同自主トレに参加した石川歩。新人とはいえ大卒、社会人経由の25歳。1位指名での入団に応える準備は十分にできているはずだ。

済美・安楽智大が語る、意識の差。

 今年のドラフト戦線の主役で、勉強熱心なことで知られる済美高校(愛媛)の安楽智大は、大学生や社会人の選手とも頻繁に情報交換をしているようで、こんな話をしていた。

「やっぱり高校生よりも、大学生とか、社会人の選手の方が意識は高い。ここを鍛えるようになってよくなったとか、こういうサプリメントをとるようになって疲れが早く取れるようになったとか、そういう知識量が豊富。自分のことをよく知っている。高校生が将来性と言われ、大学、社会人出身の人が即戦力と言われる理由がよくわかりますね」

 高卒よりも、大学、社会人と、アマチュアの経験年数が多いプレーヤーほど当たり外れが少ないのはそのせいだろう。

 最注目の高卒ルーキー、楽天の松井裕樹が今年どこまでできるかは未知数だが、石川はまず間違いなく相応の結果を残すのではないか。

 近年の日本プロ野球界は、選手寿命が延びたと当時に、高校生投手でも即戦力扱いされる時代になった。それがこのようなドラマチックなタイムラグを生んだのだろう。

 気の早い話だが、田中の7年遅れでプロ野球選手になった石川がスカウトの予想通り大活躍し、将来メジャーリーガーになるようなことがあったら、なんと痛快な物語なのだろう。究極の野球版「ウサギとカメ」ではないか。

 しかも石川のファーストネームがじつにいい。「歩」――。名は体を表すとはこのことである。

関連記事

BACK 1 2
千葉ロッテマリーンズ
石川歩
安楽智大
済美高校

プロ野球の前後の記事

ページトップ