SCORE CARDBACK NUMBER

カノが電撃移籍を決断。
シアトルの救世主となるか。
~なぜヤンキースを離れたのか?~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/12/28 08:00

カノが電撃移籍を決断。シアトルの救世主となるか。~なぜヤンキースを離れたのか?~<Number Web> photograph by AFLO

ドミニカ出身のカノは5年連続で25本塁打以上をマーク。メジャー屈指の強打の二塁手だ。

 今オフのFA(フリーエージェント)市場で、最大の目玉と言われたロビンソン・カノ内野手が12月12日、マリナーズと正式契約を交わした。10年総額2億4000万ドル(約240億円)の大型契約は、年俸抑制の傾向がある米球界で大きな反響を呼んだ。新本拠地となるセーフコ・フィールドで行なわれた会見で、カノは満面の笑みを浮かべながら抱負を口にした。

「今、僕がどんなにハッピーなのか、言い表せない。契約の内容でなく、マリナーズの組織が僕を受け入れてくれたことに対してだ」

 '13年まで5年連続で打率3割をマークしたカノは、ヤンキース再建に欠かせない主軸の1人とあって、大方の予想では残留するものと見られていた。実際、'13年限りで引退したマリアーノ・リベラが公の場で慰留するなど、ジーターの後継リーダーとして期待する声も多かった。ところが、古巣が提示した条件は、カノが納得できるものではなかった。7年175億円の長期契約を提示されたが、金銭面以上に、心が満たされなかった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 460文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

ロビンソン・カノー
シアトル・マリナーズ
ニューヨーク・ヤンキース

MLBの前後のコラム

ページトップ