SCORE CARDBACK NUMBER

課題は兄弟子と同じ?
新三役・高安の実力とは。
~稀勢の里の弟弟子、小結へ~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2013/09/15 08:00

課題は兄弟子と同じ?新三役・高安の実力とは。~稀勢の里の弟弟子、小結へ~<Number Web> photograph by KYODO

名古屋場所の3日目に、高安は上手捻りで日馬富士に膝をつかせて2つ目の金星を奪った。

 稀勢の里の弟弟子にあたる鳴戸部屋の高安は、平成生まれの23歳。186cm、163kgの体躯で、突き押し、左四つを得意とし、この9月場所は新小結として土俵に上がる。

 兄弟子の綱取りの夢が潰えた先の名古屋場所では、横綱日馬富士を相手に張り手を見舞い、出足を止めての上手捻りで金星をさらった。「畳の上では敬意を表しても、土俵では別です」ときっぱり言い切る。さらに鶴竜と琴欧洲の2大関にも土をつけ、初の殊勲賞を受賞した。

 過去2度の前頭筆頭での地位では、ともに5勝10敗と大敗。上位陣の壁にはね返されたことが、この場所での発憤材料ともなったようだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

高安
日馬富士

相撲の前後のコラム

ページトップ