濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

後楽園だけでなく地方大会も大成功。
立ち技格闘技Krush、空前の充実期。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph byNorihiro Hashimoto

posted2013/09/09 10:30

後楽園だけでなく地方大会も大成功。立ち技格闘技Krush、空前の充実期。<Number Web> photograph by Norihiro Hashimoto

9月1日のKrush名古屋大会メインイベント、野杁正明は3度目の対決ではじめて久保優太を破り「ベルトをずっと守りたい。誰の挑戦でも受ける」とコメントした。

日本の立ち技界最高のカード、3度目の対決は……。

 徹底した対策が功を奏し、久保を手詰まりにさせた野杁。偶然のバッティングでダメージを負ったこともあり、久保はクリンチで減点を取られてしまう。さらにヒザ、パンチで攻勢をかけ、野杁が判定3-0でベルトを巻いた。対抗戦もチーム名古屋の全勝。最高のハッピーエンドだ。

 広島大会も名古屋大会も、地方興行とは思えないグレードの会場とマッチメイクだった。地元選手が負けるリスクもあるが、だからこそ大会の“格”が保証される。実際、どちらの大会にも東京からの遠征組が少なからずいた。その上で、地元選手が勝つことでもたらされる、地方興行ならではの盛り上がりもあった。

「初めて広島で大会をやってみて、これがいろんな地方でKrushをやるきっかけになればと思います」

 そう語ったのは寺戸。今のKrushなら、どこで開催しても観客を満足させることができるはずだ。それだけの勢いと、充実した選手層がここにはある。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

野杁正明
寺戸伸近
山本優弥

格闘技の前後のコラム

ページトップ