SCORE CARDBACK NUMBER

松井秀喜の心を震わせた、
異例の引退セレモニー。
~ヤンキースが称えた7年間の功績~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2013/08/11 08:00

松井秀喜の心を震わせた、異例の引退セレモニー。~ヤンキースが称えた7年間の功績~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

7月28日の試合前、観客の拍手に包まれる中、再復帰したジーターから記念品を手渡された。

 背番号「55」は、ニューヨークでも愛されていた。昨季限りで現役を引退した松井秀喜氏が7月28日、ヤンキースと1日だけのマイナー契約を結び、引退セレモニーを行なった。カートに乗って球場内に姿を現すと、ファンは総立ちで拍手を送った。主将デレク・ジーターから記念のユニホームを受け取り、始球式を行なうと、歓声は一段と高まった。

「球場に入った瞬間、泣きそうになりました。改めて幸せな野球人生だったと思います。ファンの方の歓声に心打たれました」

 2009年ワールドシリーズでMVPを獲得するなど、松井氏の活躍を知らないファンはいない。だが、ヤンキースがこれほどの引退セレモニーを企画すること自体が異例だった。試合前には、キャッシュマンGMらが会見を行ない、改めて松井氏の功績を称えた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 542文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

甲子園熱風録。~誇り高き敗者の夏~

関連記事

ニューヨーク・ヤンキース
松井秀喜
デレク・ジーター

MLBの前後の記事

ページトップ