SCORE CARDBACK NUMBER

56年ぶりに復活する、
日本ヘビー級王者。
~7・25、最重量級タイトル戦開催~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byBOXING BEAT

posted2013/07/10 06:00

56年ぶりに復活する、日本ヘビー級王者。~7・25、最重量級タイトル戦開催~<Number Web> photograph by BOXING BEAT

4月のウォーレン戦でTKO勝ちを収めた京太郎。打ち合いの中で3度のダウンを奪った。

 やや大げさに言えば、間もなく日本ボクシング界長年の夢が現実のものとなる――。

 7月25日、後楽園ホールで予定されているのは日本ヘビー級王座決定戦だ。元K-1王者の藤本京太郎と日本のジム所属のアフリカ人オケロ・ピーターが争うのは、半世紀以上も前に一度だけ行なわれ、以後コミッション預かりとなっている最重量級のタイトル戦である。

「日本人ヘビー級」と聞くだけで一部のファンは色もの扱いしかねない。「日本人にヘビー級は無理」と信じられ、実際かくも長きにわたってタイトルが凍結されたという事実がそれを物語っている。最初で最後の日本ヘビー級タイトル戦が行なわれたのは、1957年5月4日、東京・京橋公会堂。相撲出身の片岡昇が中越豊に10回判定勝ちで初代王者と認定されたが、「スピードもスタミナもない」凡戦と評され、片岡はその後一度もリングに上がらず姿を消してしまう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 533文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

徹底検証3戦全敗。~CONFEDERATIONS CUP 2013~

関連記事

藤本京太郎
オケロ・ピーター

ボクシングの前後の記事

ページトップ