プレミアリーグの時間BACK NUMBER

6月だけで4人も補強したリバプール。
2年目ロジャーズ監督の本気度と勝算。 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/07/03 10:30

6月だけで4人も補強したリバプール。2年目ロジャーズ監督の本気度と勝算。<Number Web> photograph by Getty Images

6月22日にセビージャからリバプールに移籍したルイス・アルベルト(右)。昨シーズンはローン先のバルセロナBでプレーした。

ファウラーら、OBたちもスアレスの残留を待望する。

 かつてのエース、ロビー・ファウラーも、歴代キャプテンの1人グレアム・スーネスも、「スアレスを引き留めるべきだ」と、リバプールに訴えている。 OBに仲間入りしたばかりのキャラガーは、「ルイスなら残っても腐ることはない」とも言っている。

 リバプールの「移籍希望エース」には、チェルシー移籍前の1年半、モチベーション低下が指摘されたフェルナンド・トーレスの前例がある。だが、チームメイトとして両者と接したキャラガーは、「残留を決心すれば、再び全力投球するはずだ」と、トーレスとは異なるスアレスのキャラクターに期待を寄せている。出場停止は6試合が来季に持ち越されるが、その間、優勝候補との対戦は第3節のマンU戦しかない。短絡的に「10月まで戦力にならない不満因子」と決めつけてしまわず、説得を試みる価値はあると見る。

 スアレスを発信源とするレアル移籍の噂に憤慨していると伝えられるロジャーズとクラブ経営陣には、アストン・ビラで昨季リーグ4位の19得点を稼いだ、クリスティアン・ベンテケの獲得に動くとの説も浮上した。

 果敢な補強は復活への意思表示。しかし、リバプールのような名門は、5年ぶりのトップ4入りではなく、1990年以来となるリーグ優勝に迫らなければ、本当に復活への狼煙を上げたとは言えない。

 そのためには、今夏のリバプール首脳陣には我慢の姿勢も必要なようだ。

関連記事

BACK 1 2 3
リバプール
ブレンダン・ロジャーズ
アンディ・キャロル
ジョーダン・ヘンダーソン
ラヒーム・スターリン
フェリペ・コウチーニョ
ダニエル・スタリッジ
イアゴ・アスパス
ルイス・アルベルト
スチュワート・ダウニング
ジョンジョ・シェルビー
ヘンリク・ムヒタリアン
ジェイミー・キャラガー
コロ・トゥーレ
シモン・ミノレ
ペペ・レイナ
スティーブン・ジェラード
ジョー・アレン
ファビオ・ボリーニ
ルイス・スアレス
クリスティアン・ベンテケ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ