SCORE CARDBACK NUMBER

王者を追いつめた
三崎和雄の誇りと意地。
~SRCミドル級チャンピオンシップ~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2010/09/12 08:00

王者を追いつめた三崎和雄の誇りと意地。~SRCミドル級チャンピオンシップ~<Number Web> photograph by Susumu Nagao

目の上を切りながらもサンチアゴのパンチを防ごうとする三崎。タオル投入での負けは初

 SRC14(8月22日・両国国技館)は、試合によって温度差の激しい大会だった。中盤戦までの試合内容はボロボロ。ローブローで、何度試合が中断されたことか。レオ・サントスと対戦した山田崇太郎に至っては、計4度に渡るローブローでSRC史上初の反則負けを宣告されてしまった。

 シラけた場内の空気を変えたのは、まるで水が流れるような動きから繰り出された、日沖発の三角絞めによる一本勝ちだった。極めつけは、王者ジョルジ・サンチアゴに三崎和雄が挑戦したSRCミドル級チャンピオンシップだ。

 両者は昨年1月に同王座決定戦で初対決。この時は4Rまで三崎が試合を優位に進めながら、5Rになると失速してしまい、サンチアゴが逆転のチョークスリーパーで王座奪取に成功している。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

三崎和雄

格闘技の前後のコラム

ページトップ