スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

中国の強さが際立った世界卓球。
日本はリオ五輪に向けて仕切り直し!? 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byPanoramiC/AFLO

posted2013/05/27 10:31

中国の強さが際立った世界卓球。日本はリオ五輪に向けて仕切り直し!?<Number Web> photograph by PanoramiC/AFLO

1回戦で敗れた福原愛。相手のパク・ソンへ(韓国)はベスト16で世界ランク1位の丁寧(中国)にストレートで敗れている。

いまや卓球も大型選手が上位を席巻する時代に。

 オリンピックや世界大会を見て実感するのは、中国出身選手の恵まれた体格である。日本で卓球をトップレベルまで続ける女子選手は、どちらかといえば小柄で、俊敏性の高い選手が多い。これは、日本での「固定概念」かもしれない。

 ロンドン・オリンピックに引き続き、シングルスで金メダルを獲得した李暁霞は174センチ、チームメイトの丁寧も170センチなど、中国には長身の選手が多い。

 彼女たちを見るたび、私などはいつも「シャラポワが卓球をやっているようだ」と感じてしまう。

 スポーツは素質の世界である。

 単純化してしまえば、動く能力(アジリティなど)が一緒だとしたら、体格で上回る選手が勝つ。中国の選手たちは、リーチが長くカバーできる範囲が広いだけでなく、パワーもある。

リオ五輪でメダルを獲得するために新たな目標の設定を。

 今回の大会で、日本女子の意外な結果を見るにつけ、改めて中国との差を実感しないわけにはいかないのである。

 その意味で、ロンドン・オリンピックでのメダル獲得は、すべての努力が実を結んだものだった。

 リオデジャネイロに向けた「プロジェクト」はゴールの設定がむずかしい。

 誰で、どのメダルを狙っていくのか。ロンドンより、設定が高度なものにならざるを得ないだろう。

 まずは、来年の東京大会が注目だ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

福原愛
水谷隼
岸川聖也
松平健太
石川佳純
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ